2007年07月

ここでは、2007年07月 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レーシックはレザーを角膜に照射する手術ですのでもちろん、免許が必要ですよね。レーシックを掲げている眼科さんの多くは、いろいろな
肩書きを広告にだされてますが、一体どの免許を信用していいのかサイトの広告を見てもわかりつらいです。
レーシックの後遺症の裁判も最近では、少ないにせよ、御自分の大事な目を手術する訳ですから、やはり、しっかりとした医師にお任せしたいですよね。
そこで、判断となるのが、日本眼科専門医の免許です。この免許があるかないかで、そのクリニックの信用度がちがってきます。担当医がこの免許をお持ちであるかどうか確認することをおすすめします。


スポンサーサイト
視力回復の方法はクリニックにより、いろいろあります。
大きく分けて、2種類。
エキシマレザーを使用する方法とエキシマレザーを使用しない方法。
レザーを角膜に照射し、フラップをつくり、角膜を削って屈折率を変え視力を回復する方法です。手術時間は、両眼15分程度で終わります。
しかし、だれでも手術をうけることはできません。
手術を、受ける方の角膜の具合いや、健康状態により、レーシックが受けられるか否かがほぼ決まります。
角膜が薄すぎてレーシックを受けられないということもあります。
また、極端な奥目のかたは、手術がかなり難しくなるので出来ない場合もあるそうです。
免疫機能に難があったり、妊娠中のかた、などは、手術による傷の回復に時間がかかったり、また、回復が難しいと判断されできないとされています。18歳未満のかたも、レーシック手術は受けられないとされています。
レーシック手術をお考えのかたは、各クリニックのWebにてメールや電話などで、必ず確認をされてくださいね。
レーシックの費用は自由診療なので、クリニックさんにより
様々な設定がなされています。

健康保険がきかないので、受診にかかる費用は自己負担になります。
そこで、眼科さん独自にサービスを設定されていますね。

例えば、遠方から来られる方の為に交通費を支給されたり、
割引券が使えたり、お友達を紹介すると、紹介手数料をもらえたり、
この辺は、クリニックで、違いがあります。

レーシックにかかる費用は、20万円から50万円と言われています。
安いから悪いとか高いから良いと一概には言えません。事前の相談でレーシック手術の費用の内訳を把握しないといけません。
レーシック手術は、もちろんのこと、手術をするときは、インフォームドコンセントを受け確認をする必要があります。レーシック手術をして、それでおしまいというわけにはいきません。
レーシック費用は、まず、問診、手術、定期健診が翌日と翌々日、1週間後、3ヶ月後、半年後、1年後位の間隔でありますので、これにかかる費用も必要になります。
クリニックにより、これらの費用を手術費用の内訳として、入れ込んでいるところと、そうでないところがあります。
各クリニックに問い合わせしてみる必要があるでしょう。
レーシックを受けた有名人といえば、まずタイガーウッズが、有名です。彼が、レーシックをうけて、かなりゴルフの成績が上がったことで、スポーツ界にレーシックが浸透してきました。 格闘技の角田選手もレーシックを受けています。格闘技のようなハードなスポーツでも視力の回復をすることが出来、快適なめがねなしの生活をすることが出来るようになっているようです。
確かに、スポーツ選手で、目が悪いと正確なショットやバランスをとることなどにもかなり視力が関係してきますね。近視に悩む方にとって、レーシックによる視力回復が朗報となっているのはまぎれもない事実です。
品川クリニックのWebでは、芸能人や有名人のかたの写真が体験談と共にずらっとならんでいます。
神戸クリニックのWebでは、乙葉ちゃんのかわいい笑顔がお出迎えです。体験談も掲載されています。陣内智則さんの対談記事もありレーシックについて、神戸クリニックの理事長さんとお話されています。
綺麗に美しくなる為に、最近では、めがねコンタクトレンズから、レーシックという方法を選択される方が多くなっていますね。 実際、コンタクトレンズだと、プールや海でかなり、不便を強いられます。砂が目に入ったりすると、もう・・どうしようもなくなって更に眼球にキズが入り、とんでもなく痛い思いをしますね。 あの痛みはやった人しかわからないですよね。 そこで、初投稿はレーシックについて。 レーシックとは、角膜にレザーをあてて視力を矯正する方法です。エキシマレザーやイントラレザーを使います。
レザーを使って、角膜を削り屈折率を変えて、視力を回復する方法になります。レーシック手術時間は、ごく短時間で、あっというまに終わります。ただ、誰でもがレーシック手術をうけることはできないのです。先天的に目の角膜に障害があったり、免疫機能に問題があったり、妊娠中であったり、18歳未満であったりと、いろいろ、クリアーしないといけない面がありますが、レーシックを受けて快適な生活を取り戻した方も数多くいらっしゃいます。視力に悩むかたの視力回復の選択肢の中に、レーシックを加えてみてはいかがでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。