2007年10月

ここでは、2007年10月 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽっこりお腹の値段

一週間、お仕事がんばりました。そんな私にちょっぴりご褒美! 「今日は」ダイエットも忘れて思いっきり食べよう! ・・・と、会社のみんなとお寿司を堪能し、ジョッキでビールも飲んで、デザートは、最近話題のケーキさんへGO--・・・。

ところがその「今日」は、いつの間にか・・・「今日は、ストレスがたまったからおもいっきりバイキング焼肉」「今日は、いいことがあったからフレンチレストランで夕食」「今日は、~さんのお誕生日だから有名レストランで誕生会」・・・と、名目を変えて、ついつい毎日、毎週、毎週末食べ歩き・・なんてことになってしまうものです。

でも、気づいたら、しまった!!おなか周りがぽっこり! 何てことになっていませんか?
そのあなたの「脂肪」はいったいおいくらなのでしょう?

脂肪吸引の値段


美容整形でおなかを引っ込める手術方法のひとつに、脂肪吸引という施術法があります。ちなみに、腹部の脂肪をあくまで一部分、気になるポイントだけを脂肪吸引しただけで、その価格は\20,000~\500,000に上るといわれています。それでは、腹部全体ではいくら? あくまで目安なのですが、\300,000~\900,000です。実際には、脂肪は何もおなかだけにつくとは限りません。おなかがぽっこりしている頃には、間違いなく、太ももも、腰も、お尻も二の腕も・・・背中にも、あごは二重になってたり・・・。
太もも全体・・・\45,000~\90,000
■お尻周辺で・・・\35,000~\600,000
■二の腕は・・・・\120,000~\550,000
■あご・・・・・・\100,000~\25,000 
と言われています。ただし、これはあくまで目安のお話です。実際は、これよりももっとお高いかもしれませんし、反対にぐんとお安くお値打ちにできるかもしれません。いずれにしても安いお買い物ではないはずです。

美しくなりたい、魅力的になりたい、そう思うのは人として自然なことですし、誰にでもある正直な気持ちですよね。でも、経済的な面だけをみても決して美容整形は気楽に飛びつけるものではない・・・というのが、実情のようです。これに、健康的、精神的な安全性も加味したら、もっと慎重に考えるべきなのかもしれません。

自分は何のために、どんな風に美しくなりたいのか、自分自身の気持ちをしっかりと見つめ、確認したうえで、それを実現させるための手段の一つとして納得し美容整形を選びたいものです。
スポンサーサイト
美しくなりたい、その願望は老若男女を問わず世界中の人たちの望みであるといえます。近年、プチ整形などの名称で承知のように、ますますハードルが低くなってきた美容整形は、何も女性だけのものではありません。女性の美容整形に対する男性の理解も一昔前よりグンと進んでいますし、男性自身、美容整形手術を希望する人が急増しているのも事実です。

メンズ美容整形のランキングの結果


今すぐに治療したい整形箇所は?

1位 包茎治療
2位 ワキガ
3位 多汗症
4位 医療植毛
5位 ED治療
6位 性病治療

1位の包茎治療ですが、個人差、医療機関によって幅がありますが、仮性の場合は、8万円ほど、真性の場合は、16万円ほどだそうです。希望男性への配慮と精神的不安をなくすよう、受付からすべて男性スタッフが対応している、というところもあるようです。

「自分らしい男性美」を目指し、全身をトータルに美しくします!と謳う機関もあります。「自分らしい男性美」というのが何か、はそれこそ、「自分らしい美意識」に近づくことかもしれませんね。長年のコンプレックスをなくし、自分に自信が持てて、元気はつらつとしている自分!という健康美のことをいうのでしょう。

医療植毛を受けたある30代の男性の場合、20代半ばから徐々に後退し始めた額・・悩みに悩んで自己流でさまざまな薬を試したものの、満足できる結果が得られず、思い切って美容整形による医療植毛に望みを託したようです。もちろん、最初は髪の移植をすることに抵抗があったようですが、その医療機関の丁寧なカウンセリングに納得し、半年毎に3度の植毛を繰り返し行うことで、夢にまでみた素晴らしい結果を手に入れたようです。

その他、男性美容整形の種類には、ED治療性病治療もあります。その問題によっては男性だけのものではないこともあるでしょう。公然とまではいかないまでも、もっと男性に対する美容整形治療が受け入れられ易い社会になれば、悩み多き男性が数多く救われるとおもいます。
美容整形エステティックは大きく違いがあります。その最も大きな相違点は、美容整形というのは、医師が診断し、医療的な根拠に基づいたうえで治療行為を行うものだという点です。一方、エステティックとは、痩身や脱毛を始めとし、リラクゼーションを兼ねていることが多いものという点です。つまり、治療を目的としたものが美容整形で、全身マッサージなどあくまでリラクゼーションを目的としたものがエステティックと考えるといいのではないでしょうか。

たとえば、美容整形クリニックでも、エステサロンでも「脱毛が行われます」と掲げていますね。最近では、エステティックサロンでもレーザー脱毛が日常的に行われているようですが、基本的には医師免許のない者が脱毛行為をすることは医師法違反となります。2001年(平成13年)に、「医師免許を有しない者による脱毛行為等の取り扱いについて」、医師でなければできない行為にとして以下の3項目が厚生労働省医政局医事課長名で記しています。

1.用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為。
2.針先に色素を付けながら、皮膚の表面に墨等の色素を入れる行為。
3.酸等の化学薬品を皮膚に塗布して、シワ、シミ等に対して皮膚剥離を行う行為。

上記のように、明記されているわけです。
エステに行って、そこで、何の訓練も受けていない素人同然のエステシャンにより施されたサービスを受け、身体に不調が出た、などエスティックをめぐるトラブルは、美容整形同様、相次いで起こっています。せっかくのリラクゼーションがとんでもない過酷なストレスを生むことにもなりかねません。
脱毛、美容整形、いずれにしろ、どのようなサービスを受けるにしろ、自分の大事な身体ですから、慎重な機関選びを心がけ、気持ちのよい満足いく結果を得たいですね。
ワキガの悩みはそれを持ってる人にとって、相当辛いものです。一年中自分の臭いに敏感になり、夜も眠れないほどですよね。夏は特に、混雑する電車やバスでつり革に手をかけるのをついついためらってしまいます。隣の人に耐え切れないワキガの臭いを振りまくのではないかと・・。

ワキガの原因は、アポクリン腺から分泌される汗です。実は、そのアポクリン腺の分泌物自体は無臭です。しかし、その汗が皮膚上に分泌されるとエクリン腺や皮脂腺から分泌された脂肪分から分泌された汗と混ざり、皮膚に常に存在する細菌によって分解されると、ワキガを発する物質が生成されてしまいます。

日本の美容整形術では、ワキガの治療美容整形の分野では大変珍しく、健康保険を適応することができます。治療は、大きく分けて2つ。保存療法と手術療法に分かれます。
保存療法には、1.制汗剤 2.ボトックス注射 3.腋毛の処理 があります。ボトックス注射とは、A型ボツリヌス毒素製剤を注入することによって、汗の分泌を促進させるアセルコリン(神経伝達物質)を抑制するものです。

手術療法には、1.剪除法  2.皮下組織削除法 3.吸引法4.切除法 があります。最も一般的に施術されている方法が1の剪除法です。腋の皮膚のシワにあわせて3センチから4センチ程の切開を1、2本入れ、アポクリン腺を切り取っていく療法です。2の皮下組織削除法も、やはり腋を切開し、器具を挿入してアポクリン腺を削除します。また、3の吸引法は腋の上部を切開し、脂肪吸引で用いる器具を挿入してアポクリン腺を吸い出してしまう手術療法です。4の切除法は腋毛が生えている皮膚を切り取ってしまう療法です。ただ、この方法は運動障害の後遺症が残る可能性があります。

ワキガは保険が適応できるのですが、一般的に民間病院では自由診療扱いで治療する場合が多いのが実情のようです。保険適用と臭いの強弱、腋毛の範囲は一切関係ないようです。美容整形を行う機関でワキガ及び脱毛の治療を受ける場合には、健康保険の適用が可能か否か、WebやTelなどで確認しておいたほうが良いでしょう。
美容整形の人気は最近ますます高まっています。TVでも、毎日のように、バラエティー番組中の特集として、美容整形できれいになる道のりをドキュメンタリー形式で放送されていますね。その中でも「日帰り美容整形手術」「プチ整形」など、は急速に身近になりつつある美容整形となりました。しかし、美容整形手術はあくまでも医療行為である以上、決して安易な気持ちで受けることをしてはならないでしょう。さまざまな美容整形の情報を集めたうえで、慎重に判断を下すことが大切です。とはいえ、インターネットや雑誌、巷のうわさは大量の情報を与えてはくれるものの、その信憑性、信頼性という点を考慮すると決して鵜呑みにはできません。

まずは、医院やクリニック等のカウンセリングにおいてきちんとしたインフォームドコンセントを受けることが絶対に必要になります。
インフォームドコンセントとは、医師が患者さんに対して適切なアドバイスをすることを言います。そうして患者さんに同意を得た上での治療が最も正しい治療なのです。医師は医療に関して素人の患者に対し、わかりにくい医療専門用語をわかりやすく、丁寧に説明する必要があるのです。

それでも、たった一つの美容整形機関、一人の医師、のカウンセリングだけで即、手術契約をしてはいけませんよ。必ず、2~3の機関、クリニックの医師のセカンドオピニオンを受けてくださいね。検査などを行った場合には、レントゲンやCTなどの検査結果や血液検査などの院外持ち出しの許可を得てください。そもそもそれを許可してくれないような機関はちょっと考え直してみたほうがいいかもしれませんね!

美容整形は、一般の保健医療と異なっています。
あくまで自己責任が大きく発生する医療行為です。一口に「キレイになりたい」といっても、手術を求める方々がイメージする「キレイ」は個人個人でまったく違ってきます。また、美容整形手術は急速に日々進歩しています。同じ結果を求めるにしても、様々な方法があります。患者さんの希望や体質などを十分に考慮したうえで、どのようなリスクがあるのか、他にはどのような選択肢があるのか、どんな方法が最も適した治療法なのか、を複数の専門家の立場から情報を得ることが重要だと考えます。
しわやたるみが気になる・・「この目じりのしわ、額の横シワ、もうちょっと目立たなくならないかしら・・・。」しわ持ちさんの悩み。
足太が気になる・・「ふくらはぎがもうちょっと細かったら・・・ブーツも入るのに・・。」太めの女性の悩みは尽きません。

決して大げさではなく、この気になる「ちょっと」を手軽にかなえてくれる方法の一つとして、最近、益々注目を浴びているのが、ボトックス法です。表情ジワ小顔ふくらはぎをほっそりさせる、多汗症の治療等に使われます。メスを使わない治療法なので、身体的にも、精神的にも負担の少ない方法です。

ボトックスとはA型ボツリヌス毒素を製剤化したもので、アラガン社の登録商標製品です。A型ボツリヌス毒素とは、嫌気性菌によって生産される神経毒素のひとつで、主な作用は神経伝達を抑制することです。眉間や目じりなどの筋肉部分に直接注入することで動きが抑制され、シワがなくなります。また腋などに注射することで発汗を抑える効果が期待できるのです。

美容整形をぐ~んと身近なものにしたボトックス法ですが、ボトックス法で使用されるものはHIVなどの感染症のチェックを受け、安全性をはじめ、すべて管理された状態で生成されたものでなくてはなりません。日本で唯一厚生省から認可が下りているのは、アラガン社のA型ボツリヌス菌製剤(商標名:ボトックス)のみとなっています。

ところが、最近、アラガン社のボトックスを使用していると表向き宣伝しながらも、実際には、中国製のBTXAを使用している美容整形機関が数多く存在しているのです。どんなにボトックス法が身近になったとしても、人様の身体に対する医療行為である以上、安全性が第1条件です。

「ちょっと」キレイになりたい・・・そんな「ちょっと」綺麗に・・が悲しい結果を招かないためにも信頼のおける医療機関を見極め、安心して、ボトックス治療法ができるところを選ぶことがなにより重要です。
アンチエイジングとエイジング・・・のお話
「あれ~ついこの間まで、よちよち歩きの赤ちゃんだったのに、もう小学校入学?
大きくなったわね~。」
あっという間に「今年であなたも20歳。もう、りっぱな大人ね!」・・・こんな風に大人になると自分の加齢を信じがたく、友達のお子さんの成長に、とてもびっくりすることありますよね。

人間はその誕生の瞬間からその人生を閉じる最後の時まで、細胞組織レベルにおいて、常に古い細胞組織は死んで排泄され、常に新しいものへと入れ替わっていきます。その意味では、年齢(age エイジ)を重ねていく、エイジング、は、もちろん新生児、幼児期、児童期、青年期の段階から既に始まっています。赤ちゃんの頃を知っている子近所のどもに対して「大きくなったね」、ぴっちぴちの20歳の女性に「大人になったね!」は、褒め言葉です。まさにエイジングは「成長」なのです。

しかし・・・50歳過ぎたら?いえいえ、30歳過ぎたら・・・もはやエイジングは、成長ではなくただただ加齢・・つまり「老化」です。美容整形や美容の分野で使われるアンチエイジングとは、この人間の自然な現象であるはずの老化に抵抗、対抗するという意味です(抗加齢)。ただ年をとる事を停止するだけでなく、更に若返りまでも謳うのです。

美容整形における「アンチエイジング・・・若返り」作戦とは、年をとっているという事を感じさせる大きな要因である「シワ」「シミ」「たるみ」の治療に重点をおきます。

シワ
ヒアルロン酸やエボレンスを注入し、しわの溝を埋める治療法。
ボトックス法によってシワの生成を抑制する方法が使われます。
【たるみ】
皮膚をぐっと引き上げてたるみを解消する、フェイスリフト法がとられます。
【シミ】
古い角質層を取り除くために、ケミカルピーリングといった治療法が施されます。

以上の3方法はあくまで代表的な治療法であり、各個人の体質やエイジングの程度によって、また、しわ・しみ・たるみの程度、また美容整形を行う機関、医師の意見によっても選択肢は異なると思われます。いずれにしても、加齢によるシワ、たるみは心のひだとして豊かに重ねるとして、女性、男性にかかわらず、外見はいつまでも、アンチエイジングでぴちぴちとハリのある若々しさを保って自分に自信を持って過ごしたいものですね。
ワキガについて、今回はお話します。近頃は、やっとさわやかな季節になりましたね。こんな気候の時、日中外で、運動すると気持ちがいいですね。運動した後のキラキラ光る汗は確かに魅力的です。しかし・・・汗が臭う、ワキ臭いは、口臭いと同様に「ワキガ」は、世界でもまれな清潔好きの日本社会において、強烈な嫌な「臭い」として、まさに社会の敵扱いされます。

腋臭症と言われる「ワキガ」とは、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で嫌な強い臭いを発するもの。ただし、興味深いのは、その人の属する集団によってそれがどれ程他人に不快感を与えるもの認識れるかに相当差が見られるということです。「ワキガ」の臭いを嫌う人が多い集団では、ワキガをもつ患者さんの多くが自分のワキガをあまりに気にする精神状態に追い込まれてしまいます。そのためワキガが原因でうつ病などを併発する恐れもあるのです。また、実際にはワキガなどまるで無いのに、ワキガがしてしまっていると勝手に自己判断し、自己臭恐怖症に陥っている人も多く見られます。この様に臭いを忌み嫌う集団や社会では、ワキガは絶対治さなくてはならないもの! ということで、ワキガを持つ人は美容整形へ駆け込むことが解決策であると考えます。

日本でワキガが敵扱いされる理由に、日本人の大半がモンゴロイド人種から構成される社会であるために、腋臭形質をもつ人が少数派であるという事情もあります。その一方で、コーカソイド人種の一角を構成する白人系や、大多数がネグロイド人種である黒人系では、腋臭形質をもつ人のほうが、持たない人よりもとても多いのです。そのような状況なので、日本でなら腋臭症ワキガとして疎んじられる人、またはそう自分で思い込み憂鬱な気分になり鬱状態に陥ってしまうような人が、海外に身をおくと、それを気にしない、あるいは異性にとっては魅力的とさえ感じられることもあるといいます。ワキガが良い匂いとして、まさにフェロモンとして機能するのです。

ワキガに対する意識の違いは、その対処法にも表れます。日本の美容整形では、脱毛の処理によって腋に汗などの皮膚分泌物が多量に保存されるのを防ぎ、汗の分解量を減らしてワキガを軽減させる方法がとられることがよくあります。また、手術によってアポクリン腺を根本から切り取ってしまう方法も一般的です。この対処策を見ても、日本社会におけるワキガへの扱いは過酷であります。匂いの元、ワキガそのものを抹消してしまおうという解決策です。それに対し、西洋諸国では、香水の文化が非常に発達し、ワキガも含め、体臭をより効果的に、自分の体臭とミックスさせてより魅力的な自分を演出しようとする発想があり、文化の違いを垣間見ます。

女性のみなさん、ご主人や、付き合っている彼の、ワキガをとっても魅力的と感じますか?それとも、いくら好きな人でもワキガは・・・受け付けられない・・・でしょうか?
男性のみなさん、奥様や、彼女の・・わ・き・が・・・きになります?フェロモンとお感じでしょうか?
美容整形男性がパワーアップする・・それはいったい・・どういうことなのだろう? いったいどんな「美容整形」をするんだろうか?

非常に興味を持つ人もいらっしゃるのでは?男性はもちろん、これは女性にとっても(口には出さないけれども?)是非、知りたい情報ではないでしょうか・・・ね^^;

美容整形で可能になる「男性のパワーアップ術」とは

1.長茎術
2.ペニス増大・強化術
3.亀頭増大・強化術
4.早漏治療
5.パイプカット

長茎術とは
身体のなかで、ちじこまって、たるんでしまっているペニスを引き出して固定し、通常のペニスを長くする手術です。陰茎を固定している靱帯の一部を切除し、陰茎を露出させるのです。非勃起時のペニスを平均2~5センチ長くすることができるそうですよ。方法には、「下腹脂肪吸引」と「埋没陰茎長茎術」とがあります。

亀頭増大・強化術とは
身体に無害な物質を注射することで亀頭のハリを増し、かつ強度を増す手術です。注入する物質は、コラーゲン、ヒルアロン酸、脂肪、アクアミッドなどで、それぞれによって方法が異なります。
2のペニス増大・強化術も3と同様ですが、注入する物質が異なる治療方法があります。シリコンボールを挿入する方法とペニスリングを注入する方法です。
4の早漏治療は、感覚の過敏性を改善する目的で、亀頭にコラーゲンを注入する方法がとられます。
5のパイプカットとは、正式名称は、「精管結紮(せいかんけっさつ)」といいます。これは、男性側の避妊手術です。

パワーアップ」の意味・・・お判りになったでしょうか?世の男性も女性に負けず劣らず、頑張ってます。美の追求の一環としての男性のパワーアップ。男性も大変なんですね^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。