ワキガの治療で、保険は?

ここでは、ワキガの治療で、保険は? に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワキガの悩みはそれを持ってる人にとって、相当辛いものです。一年中自分の臭いに敏感になり、夜も眠れないほどですよね。夏は特に、混雑する電車やバスでつり革に手をかけるのをついついためらってしまいます。隣の人に耐え切れないワキガの臭いを振りまくのではないかと・・。

ワキガの原因は、アポクリン腺から分泌される汗です。実は、そのアポクリン腺の分泌物自体は無臭です。しかし、その汗が皮膚上に分泌されるとエクリン腺や皮脂腺から分泌された脂肪分から分泌された汗と混ざり、皮膚に常に存在する細菌によって分解されると、ワキガを発する物質が生成されてしまいます。

日本の美容整形術では、ワキガの治療美容整形の分野では大変珍しく、健康保険を適応することができます。治療は、大きく分けて2つ。保存療法と手術療法に分かれます。
保存療法には、1.制汗剤 2.ボトックス注射 3.腋毛の処理 があります。ボトックス注射とは、A型ボツリヌス毒素製剤を注入することによって、汗の分泌を促進させるアセルコリン(神経伝達物質)を抑制するものです。

手術療法には、1.剪除法  2.皮下組織削除法 3.吸引法4.切除法 があります。最も一般的に施術されている方法が1の剪除法です。腋の皮膚のシワにあわせて3センチから4センチ程の切開を1、2本入れ、アポクリン腺を切り取っていく療法です。2の皮下組織削除法も、やはり腋を切開し、器具を挿入してアポクリン腺を削除します。また、3の吸引法は腋の上部を切開し、脂肪吸引で用いる器具を挿入してアポクリン腺を吸い出してしまう手術療法です。4の切除法は腋毛が生えている皮膚を切り取ってしまう療法です。ただ、この方法は運動障害の後遺症が残る可能性があります。

ワキガは保険が適応できるのですが、一般的に民間病院では自由診療扱いで治療する場合が多いのが実情のようです。保険適用と臭いの強弱、腋毛の範囲は一切関係ないようです。美容整形を行う機関でワキガ及び脱毛の治療を受ける場合には、健康保険の適用が可能か否か、WebやTelなどで確認しておいたほうが良いでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musemyuuinfo.blog113.fc2.com/tb.php/46-c3d587ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。