FC2ブログ

家庭で行うケミカルピーリング

ここでは、家庭で行うケミカルピーリング に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅で行うケミカルピーリング

日焼け止め対策をしっかりやっていたつもりなのに、秋から冬にかけて、肌は夏に受けたダメージを如実にあらわにしますよね。最近急に増えだしたシミやソバカス、くすみ・・・何とかしたい!と女性なら誰だって思いますよね。 そんな時、美容整形なら「ケミカルピーリング」や「レーザー治療」で真っ白なキレイ肌を取り戻してくれそうです。

近年、「プチ整形」といって、大掛かりではなく、短時間でメスなどを用いずに、比較的安価な値段で施術が可能になったこともあり、テレビに出ているような芸能人でない一般の人たちの間でも美容整形が急速に普及していますね。それでもやはり、お安い手術ではありません。そのため、シミ・ソバカスの対策として、市販品を利用して自宅でケミカルピーリングを行おうという方が増えているようです。

ピーリング石けん、をはじめピーリング化粧品、更にはピーリングマシーンなるものまで発売されているのです。これらのピーリング製品は、いったいどれほどの効果を期待できるのでしょうか?

ピーリング石鹸・ピーリング化粧品の効果と注意点


市販されているピーリング用石けん、化粧品類は、専門の美容整形機関で使用されるものよりもかなり濃度が低く作られています。たとえば、専門機関で用いられるビタミンCは真皮層にまで導入されるほど高濃度です。当然、市販品ではそこまでの効果は期待できませんね。そして、効果が現れるとしてもかなり時間がかかると思われます。そして、何より心配なのは、肌に合わないものを自己判断で用いてしまったときのトラブルです。

ピーリングとは

ピーリングとは、英語で「はがす」ということを言います。つまり、美容用語では、皮膚表面の古い角質をはがし、新陳代謝を促して、キレイな健康な肌を取り戻そうというものです。しかし、角質は外界の刺激からお肌を守る大切な役目を担っているものです。それを剥ぎ取ってしまうのですから、当然、肌は無防備な状態になるのです。また、ピーリング剤は、高濃度では皮膚炎を起こしたり、かえってシミの原因にもなったり、角質を取りすぎてしまったり等‥自分で行ってしまうと、無茶をしかねませんね。

ケミカルピーリングは、厚生労働省によって定められた医療行為である、という認識を持つことが重要になります。自宅で気軽に・・・のつもりが、肌が荒れて元に戻すのにかえって高くついてしまった、ということにならないようにしたいものですね。ご自宅でのケミカルピーリングは充分注意を払って行ってください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musemyuuinfo.blog113.fc2.com/tb.php/51-29769562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。