海外の美容整形

ここでは、海外の美容整形 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美容整形、日本と海外との認識の違い

「私は美容整形手術を受けて美しく綺麗に変身しました!!」
こんな風に日本においては、(芸能人は除きますが)公然とそう明言する人はまだまだ少ない・・・いやいや、めったにいない?でしょうね・・。しかし欧米、特に北米では、人気テレビ番組で美容整形のビフォーアフターを感動的に発信している後押しもあって、老若男女を問わず整形手術を受ける人が急増しているようです。美と健康、若さに対する執着や若々しく美しく綺麗なことへの価値観が非常に高く、またそれにお金を惜しまない、という経済的背景も大いに関係しているのでしょう。

海外の歯列矯正


欧米では、歯列矯正は非常に普及しています。歯列矯正を受けないことを批判される場合さえあるようです。欧米では、唇の間から覗く八重歯はドラキュラの牙を連想させます。醜い、縁起が悪い、ともっぱら毛嫌いされるのです。その為、幼いうちに矯正されることが多いです。その一方、日本では八重歯はチャームポイントとさえ言われますね。(そう言う私は、八重歯が上に2本・・・1本は抜歯済みですが・・)
欧米の場合、美容外科の林立が価格競争を生んで、かなりの低価格で手術が可能となるなど、美容整形を受ける側にとって好意的な方向が見られます。

アジアの美容整形韓国の場合


アジアの現状として、お隣の韓国では、主に芸能界で美容整形施術の告白がかなり好意的に受け止められつつあることから、一般の人達の間でも美容整形が急速に広まりつつあります。例を挙げると、わが子の入学祝になんと・・・親が子に美容整形手術を贈るということもあるらしいです。とはいえ、あくまで一部の富裕層の話なのですが・・・。

ただ、韓国の美容整形手術は、ブームが先行してしまい、無免許の医師による手術で、顔が崩れてしまった、という笑えない話もある・・・「扇風機おばさん」が社会問題となったこともあります。

日本でも、韓国においても、「美人の定義」がかなり流動的です。《美容整形イコール欧米美人》という傾向には疑問視する声もあります。本来のアジア系美人を見直す動きを期待する人もいますよね?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musemyuuinfo.blog113.fc2.com/tb.php/52-13bcbbd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。